「そんなに多くの財産を相続しないだろうから相続税は関係ないだろう・・・」そう思っていても、実際に相続財産をまとめてみたら意外にも多かったというのはよくあることです。

相続が発生したら早めに相続税を払う必要があるかを確認しましょう。相続税の申告は期限が決まっているので計画的に行動することが大切です。

この記事では、相続税申告を税理士に依頼する理由について詳しく説明します。迷っている方は是非参考にしてください。

相続税でこんなお困りごとはありませんか?

相続税の申告を自分でおこなえば費用を安くおさえられます。しかし、相続する財産によって申告の難易度はぐっと上がります。

自分でやってみようと取り掛かったものの・・・
「専門的な言葉ばかりでよくわからない。」

調べてもよく分からないから誰かに相談したいけれど・・・
「誰かに手伝って欲しいけれど、金銭的なことだから誰にも相談できない。」

もしかしたら、得する制度を見逃してるかもしれないけれど・・・
「節税できるか知りたいが税理士にツテがない。」

困ったら、すぐにe税理士の無料相談へ!

相続の手続きには期限が決められているものがあります。

例えば、相続放棄期限は3ヵ月、相続税納付期限は相続の開始があったことを知った日(通常の場合は、被相続人の死亡の日)の翌日から10か月目の日です。

相続税申告スケジュールイメージ

上記の図のように、相続の手続きはたくさんの手続きがあるため、決められた期間はあっという間に迫って来ます。万一、間に合わなかったり手続きを忘れているとペナルティを課せられ余分な税金を払うことになったり、さらに面倒が起きるおそれもあります。

相続手続きを放置するとどうなる?

もし、相続手続きを期限内におこなわなかったり、遅れてしまったりすると以下のようなことが起こる心配があります。
「相続税申告が間に合わずペナルティで加算税や延滞税がかかってしまう」
「次の相続が発生してしまい手続きが煩雑になる」
「時間が経って相続人の意見が変わってしまい、まとまらなくなってしまった」

困った・・・と思ったら、すぐにe税理士にご連絡ください。

e税理士の無料面談はたったの3ステップ!

e税理士スタッフが仲介して税理士とのご相談の日時を決定するのでとても気楽で簡単です。

e税理士の相談ステップ
e税理士に問い合わせる

e税理士で無料相談をするメリット

市区町村などの自治体でも無料相談をおこなっているところが多いようです。しかし、ほとんどの場合、随分前からの予約制だったり、先着順だったりします。苦労してやっと面談にこぎつけたとしても、時間制限があって相談したいことの半分も話せなかった、ということもあるようです。

たっぷり話せる、迷わず聞ける

e税理士ではこの時間の縛りがなく、初回無料面談ができるのは大きなメリットなのです(目安は60分から90分です)。しかも、e税理士スタッフにご連絡をいただきお客様からご要望を聞いてからご紹介するため、相談先を間違ったり、迷わなくて済みます。

e税理士だからいい理由

  1. 相続に強い税理士がかんたんに探せる
  2. 相続に強い税理士と初回無料面談できる
  3. 相続に強い税理士だから相続手続きがスムーズに進む

無料相談は怖い?

インターネットで検索するといろいろな会社でさまざまな無料相談をしているのを見かけます。

「タダより高い物はない。」

だから、無料相談は怖いのではないかと漠然と不安に思われている方もいるでしょう。

e税理士では、インターネットで見つけてもらったつながりだからこそ、最初にスタッフがお客様のお悩みをうかがい、面談の予約をするかどうか決めていただく、というスタイルにしています。

税理士に頼んだ方がいいこと


相続手続きは自分でおこなっても問題ありませんが、どのような場合に税理士に相談したらよいのか具体的に説明します。

相続財産の評価が難しいものがあるとき

・上場してない有価証券があった(評価方法が複雑)
・不動産を相続した(評価方法が専門的)

節税を検討したいとき

相続ではさまざまな制度や特例があります。自分がどのような控除がうけられるかを確実に具体的に検討したいときは税理士に相談しましょう。

相続人が多いとき

だれにどのように遺産分割すれば合理的で納得感があるかをシュミレーションしながら検討でき、無用な争いを避ける効果が期待できます。

申告を間違いたくないとき

計算ミスなどで納税額を間違っていると税務署から連絡が来ます。しかし「あなたはこのような制度を使えばもっと納税額が少なくなりますよ」といった連絡が来ることはないため、過払いしているケースでは自分から更正の請求をしないと還付はされません。

その他の理由

・体力的、時間的に難しい
・自分で調べるのが面倒
・申告期限が迫っている

e税理士で解決できること

e税理士へは、税理士ができる相続手続き全てについてご依頼いただけます。その中で主なご相談をご紹介します。

「相続税の申告をしてほしい。」
「相続税の詳しいシュミレーションをしてほしい。」
「財産目録をつくってほしい。」
「節税を検討したい。」
「途中までやったが分からなくなってしまった。」
「申告の期限が迫っている。」

さらに、関連サービスとの連携で、遺言作成や、遺産分割協議書の作成もワンストップでおこなえます。
いい相続へ

面談したら断りにくい?

意外かもしれませんが、無料相談が税理士にとって良い機会にもなっています。

日頃税理士と接する機会がある方はそんなに多くないでしょう。

無料相談は税理士にとっても、どんな仕事ができるのかを知ってもらうチャンスでもあるのです。

このように積極的な姿勢の税理士だからこそ安心してまかせられるのではないでしょうか。結局は無料相談が巡り巡って自分の利になるのです。

もちろん税理士には守秘義務があるので、誰かに知られたら・・・という心配はありません。安心してご相談ください。

費用が心配…

相続手続きは人それぞれです。だから、e税理士はセット価格ではありません。ご依頼いただいた手続きについてだけ手数料をいただきます。もちろん見積は無料です。ご納得いただいたらご依頼ください。

e税理士だから安心の理由

いい相続を運営するのは、1984年に出版社として創業した東証一部上場企業の株式会社鎌倉新書(証券コード:6184)です。https://www.kamakura-net.co.jp/
鎌倉新書と提携の信頼できる専門家をご紹介していますので、遺産相続が初めての方でも安心してお問い合わせいただけます。専門スタッフが親身に対応いたします。

まとめ

税の専門家である税理士に申告を依頼すると次のようなメリットがあります。

・大きく節税できる可能性がある
・手間がかからない
・間違えて納税することを避けられる

ご自身ですべて手続きをすると実費だけで済みます。しかし、かかる時間や手間、調べる労力を考えたらどうでしょうか?

迷っていたら、まずはご相談ください。専門スタッフが親身に対応いたします。どんな素朴な疑問でも、お気軽にお尋ねください。

本記事の内容は、記事執筆日時点 の法令・制度等に基づき作成されています。最新の法令等につきましては、弁護士や司法書士、行政書士、税理士などの専門家や法務局等にご確認ください。