経営戦力を立てるときによく利用されるのがSWOT分析になります。
SWOT分析は、強み、弱み、機会、脅威という自社を取り巻く4つの項目の分析によって成り立っています。

税務とは別カテゴリの話ですが、税理士にとって顧問先の経営コンサルティングも重要な業務の1つです。
今回は経営戦略、また事業戦略立案の過程で悩んでいる起業家予備軍のために、SWOT分析について説明していきます。

経営戦略を立案するために

経営戦略を立案するためには、フレームワーク思考を実践すると効果があります。
フレームワークというのは、自分自身の考えを整理する基礎になるものです。
そういう点からも、SWOT分析はフレームワークの代表的なものになります。
起業する際に事業戦略を立てますが、そのときいろいろと勉強するベンチャー起業家や起業家予備軍も結構多くなっています。
またSWOT分析については、知識程度のレベルと実践可能なレベルとでは大きな差もでてきます。

SWOT分析について

SWOT分析は、強み・弱み・機会・脅威(Strength・Weakness・Opportunity・Threat)という4つの象限マトリックスが基礎になっています。
これら4つの英語の頭文字を使ってSWOTと呼ばれています。
このなかで強みと弱みは内部環境、そして機会と脅威は外部環境より抽出していきます。
自社で可能であれば内部環境、それ以外は外部環境になってきます。

SWOT分析のポイントについて

SWOT分析を行うときは、強み、弱み、機会、脅威の枠より上限を取りはらう必要があります。
SWOT分析の際は、最初に強み、弱み、機会、脅威の各項目から、量を出すことから始まります。
SWOT分析によって自社を分析する場合も、経営者の多くはこれら4つのマトリックスのなかに、良いことを書こうとします。

また枠内すべて書く経営者もいますが、その場合でも自然と枠の大きさを意識してきます。
自身の会社に対しての強みが10である場合、枠内のスペースがない場合、残りの部分を割愛してはいけません。
それぞれの象限に枠はないと思って、1つの枠に多くのことを書いてください。
実際に頭に浮かんだことを書き込んでいくことにより、徐々に質も上がってきます。
SWOT分析では、1つのことについては必ず1つの枠に分類してください。
また両方に書く場合は、細かく表現することをお勧めします。


起業/創業時のマーケティングは、推測と検証の繰り返しになります。
SWOT分析を駆使して競合他社や自社の状況を客観的に見ながら商品の価格からアフターケアに至までしっかりと検証し、変更が必要なら変更し、また分析を繰り返すことで成長していきます。