起業家・経営者向けに、短時間労働者の就労時間を、社会保険の加入が必要な程度まで延長することによって受給できる助成金があります。
それがキャリアアップ助成金「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」です。
キャリアアップ助成金「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」は、短時間労働者の労働時間を延長し、社会保険に加入ができるような環境を整えることで、彼らが安心してキャリアアップを図れるようにサポートする助成金です。
助成額は、1人あたり10万円(大企業の場合は7.5万円)で、最大で1年度1事業所あたり10人まで助成されます。

厚生年金に加入していない方の老後を支えられる事、また健康保険に加入していれば、もしもの病気で就労ができなくなった時も、「傷病手当金制度」が利用できます。
実利も社会的意義もある助成金制度なのです。

デメリットとして、条件に制約が多いこと、手続きがかなり複雑で手間がかかることがあげられます。

短時間労働者の週所定労働時間延長コース手続きの手順

1.キャリアアップ計画書を作成し届出する

「これからこういう改善をします」と宣言してから、実際にそれを実施し、その結果に応じて助成を受けるのが制度の原則です。
この宣言こそ、キャリアアップ計画書の作成と提出になります。

2.労働条件通知書等を整備する

週所定労働時間が30時間以上となることを新たな労働条件通知書等に明確にしておきます。

3.社会保険加入手続きも忘れずに

週所定労働時間を延長したら年金事務所で社会保険の加入手続き、つまり年金と健康保険の資格取得の手続きを行います。

4.手続き書類を労働局に提出しよう

新しい労働形態で働いた後、必要書類を労働局(ハローワーク経由)で提出する

助成金を受給するために必要な書類

事前に提出し認定を受けた「キャリアアップ計画書」と各申請書類を提出します。
各申請書類は、厚労省HPからダウンロードできます。

また、対象となる短期労働者に関する書類、中小企業であることを証明する書類など社内で作成するものも準備して下さい。
社員のモチベーションアップ、会社は助成金が受給できるといった利点もある一方、手続きや書類作成が複雑という面があります。