起業と考えているけど法人するべきか、それとも個人事業主にするべきかどちらの方がいいの?
そもそも2つの違いは何なのか?と思う人もいるでしょう。
簡単に法人と個人事業主の違いについて紹介したいと思います。

法人と個人事業主のお金の側面から見た違い

個人事業主を始める場合は必要書類を税務署に提出するだけで、無料で始める事が出来ますが、法人として設立する場合は法人登記が必要になり、法人登記を依頼すれば30万円ほどの費用がかかります。

起業しても必ず利益が出るとは限りませんよね。
特に最初のうちはなかなか軌道にのれないかもしれません。
個人事業主の場合は赤字の場合は所得税や住民税など赤字だと課税されません法人の場合は赤字でも課税の対象となります。

また確定申告の難易度も個人事業主は自分で行う事が可能なレベルですが、法人の場合は専門的知識がないと全てを自分で処理するのは不可能でしょう。
なので、税理士などの専門家に依頼する事をお勧めします。

これだけ見ればわざわざ法人を設立しなくても個人事業主の方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、課税が多くても、確定申告の処理が煩雑になったとしても法人として設立するのには理由があります。

法人で設立するメリットについて

法人で設立するメリットは信用性です。資金調達などしやすくなりますし、また税金面や会計上のメリットもあります。
規模が小さければ個人事業主の方がいいですが、ある程度の規模になると法人で設立した方がいろいろお得だと言えるでしょう。
個人事業主から法人へ途中で変える事も可能なので、最初は個人事業主から始めてみるのがいいかもしれませんね。

個人事業主と法人ではそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらがいいと一概にいう事は出来ません。
それぞれ個々の状況や規模に合わせてどちらが得になるのかシミュレーションをした上で判断するといいでしょう。
その際に自分で判断する事への不安があれば、専門家に相談して決める事をお勧めします。