キャリアアップ助成金とは、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者などの非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成される助成金です。

厚生労働省では、キャリアアップ助成金について、次の6つの助成金コースを用意しています。
今回は、非正規雇用者を正規に雇用することによって、助成金を受けられる 1.「正規雇用転換コース」について紹介します(2014/7/30現在)。

助成額

キャリアアップ助成金「正規雇用等転換コース」は、有期あるいは無期の非正規雇用者の正規雇用等への転換を行う事業主に対して助成する助成金です。

助成額は以下の通りです(2014/7/30現在)
①有期労働→正規雇用:1人当たり40万円
②有期労働→無期雇用:1人当たり20万円
③無期労働→正規雇用:1人当たり20万円

受給要件

受給要件①:対象労働者

雇用されていた通算雇用期間が6か月以上である非正規雇用者が対象です。

受給要件②:キャリアアップ環境

非正規雇用者がキャリアアップを行うための、ガイドラインに沿ったキャリアアップ環境を用意することが求められます。

受給要件③:正規雇用の実施

正規雇用があらかじめ定められた制度にしたがって実施されていることを示すため、「労働協約」か「就業規則」が作成され、かつ正しく運用されている必要があります。

申請に必要なもの

就業規則(あるいは労働協約)、キャリアアップ計画書を作成し、提出します。

申請のスケジュール

対象となる労働者が非正規として6カ月以上雇用されている必要があります。
申請してから審査結果の連絡があるまで約3~4ヶ月を要し、審査通過後、助成金が入金されるまで、さらに3~4カ月かかります。
申請準備から助成金の入金まで、ざっと1年越しの長期スケジュールとなります。

審査通過後、キャリアアップ助成金を受給するには、必要な書類を作成し各地の労働局にある申請窓口に届けます。