小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金とは、経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金がでる制度です。

申込資格

「小規模事業者」でなければ申込資格そのものがないのでまずはここを注意しましょう。

補助対象経費

通常、補助金では補助対象経費が限定列挙されています。今回の小規模補助金は主として営業支援の経費が主体ですが、そうした経費を使う見通しがあるのか、ないのか確認しましょう。

他力条件

他力条件とは自分では何ともならないもの、小規模補助金の場合は、小規模事業者持続化補助金事業に係わる事業支援計画書(様式4)で、これは商工会議所(商工会)に書いてもらわなければなりません。この時間を含めて、締め切りまでに余裕ある作成スケジュールを立てましょう。

採択率をアップさせるための5つの方法

公募要領を良く読み込む

経営計画書(様式2)、補助事業計画書(様式3)の行数・ページ数を追加する

この2つはポイントとなる書類のため、追加しないと迫力不足で、それだけで不採択の恐れがあります。

ビジュアル化

全てが文章の計画書は頭に入りにくいです。図、表、グラフ、イラスト、写真を活用して審査する人の頭に入り易い計画書を作りましょう。

3C分析をしてみよう

顧客(customer)、競合(competitor)、自社(company)、それぞれの視点で分析を行うことを3C分析といいます。
「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」3C分析の視点を盛り込むことで、あなたの事業計画はより練り込まれたものとなるでしょう。
あなたの競合先はどこか? 
どんな人が顧客になっているのか? 
顧客が競合先ではなくあなたを選んでくれる理由は何か?
あなたの強みはどこにあるのか? 
より深く考えましょう。

複数の目でチェックしよう

誤字脱字がないか、第三者が読んで分かり易い文章になっているか確認しましょう。
申請書が完成したら、身近な人にチェックしてもらいましょう。