起業時の資金調達方法で、融資と並んで利用者が多く人気なのが助成金や補助金の活用です。
融資と異なり、基本的に返済不要な資金を事業で使えます。
上手く活用すればかなり有利に起業できます。

助成金・補助金キソ10のポイント

1. 助成金・補助金の存在を知らなければ絶対に貰えない

助成金や補助金の情報源としては、Webが一番重要です。
制度が頻繁に変わるので、Webを第一に活用し情報収集をしましょう。

2. 事前に申請手続きが必要である

助成金・補助金を受けるには、事前の申請が必要です。申請時期、申請内容を確認しましょう。

3. 受給要件を満たす必要がある

受給要件を満たしていなければ、助成金・補助金の対象にはなりません。
事業を起こす前に、受給要件を満たしつつ起業できるか、確認をしましょう。

4. 申請受付期間が短いことが多い

助成金・補助金の申請受付期間は短いことが多いので、早めに準備をしましょう。

5. 予算がなくなれば終了することがある

助成金・補助金は、その財源として税金を活用しているため、予算がなくなれば終了となります。
終了となる前に申請してしまいましょう。

6. 年度が変わるときに終了する助成金・補助金に注意する

年度終了とともに終了する助成金・補助金もあります。
確認をしましょう。

7. 申請してすぐに助成金・補助金が貰えるわけではない

助成金・補助金は原則的に後払いです。
緊急で資金が必要な場合、助成金や補助金をアテにしていると、キャッシュ不足で倒産の憂き目にあいかねません。

8. 地域によって助成金・補助金の有無や扱いに差がある

地域によって助成金・補助金の有無や扱いは異なります。
法人登記する地域できちんと確認しておきましょう。

9. 助成金・補助金の受給にこだわりすぎない

助成金・補助金の受給要件を満たすことを優先し、事業戦略そのものがねじ曲げられてしまうかもしれないので気をつけましょう。

10. 補助金なら税理士、助成金なら社労士に相談するのが近道

その道の専門家に聞きましょう。
補助金・助成金のサポートをしたことがある税理士や社労士に事前に相談をしましょう。