飲食店で起業する場合は他の業種の起業家と異なる事があります。
それは他の業種であれば独立する前にその業種の経営や業務の一端を担っていてビジネス未経験者ではないのに対して、飲食店の場合は料理人としての経験はあっても運営などのビジネスに関わった経験がないケースが非常に多いという事です。

そのため自分のお店を持つために起業する場合、資金調達の融資を受けられる基準など知りたいという声を多く聞くので、飲食店開業をお考えの方向けに知っておきたい審査基準の基本事項について説明したいと思います。

過去にお金のトラブルを起こした事がないか

融資の審査で一番重要な点は過去にお金のトラブルを起こした事がないかどうかという点です。
そのため破産などの債務整理を5年以内にしていないか、そして消費者金融を利用していないかなどの審査が行われます。
お金にルーズな人だとお金の管理は出来ません。
いくら料理人としての腕があっても、店舗経営が出来ずに利益を出す事が出来なければ店の運営を続ける事は出来ません。

もし自分は料理以外の仕事は出来ないというのであれば経理が出来るフロア担当スタッフを雇ったり、税理士や経営コンサルタントに依頼したりするなど自分で出来ない部分は他で補うようにして下さい。

資金ゼロから起業する事は出来ない

そして資金ゼロから起業する事は出来ません。
最低でも自己資金として100万円貯めてから融資の審査を受けるようにして下さい。
100万円貯める事が出来るという事がお金の管理がルーズではない、借金がない状態だと判断材料になります。

そして融資で借りる金額は金利がつくわけですから出来るだけ少額である事が望ましいです。
もし両親などからお金を借りる事が出来るのであれば支援金という形で自己資金にカウントしてもらえるケースもあります。

ただ融資の審査に通る基準として上記のポイントはあくまで目安であり、これらをクリアしているから必ず融資に通るというわけではありません。
審査に通らなかった場合はその理由を明確にし、問題解決をしてから再審査に挑みましょう。