もしあなたが飲食店を開業したいと考えているとして融資を検討する場合、どこから融資を受けるのが良いでしょうか。

その際に考えるべき軸になるポイントをお伝えします。

何に重点を置くかで融資先は変わる

まずあなたが何に重点を置くかで融資先は変わります。
例えばなるべく低金利のところで融資したいと思っているのであれば自治体が行っている制度融資が1%未満の金利となっているので、融資先の中では一番低金利で資金を調達する事が出来ます。
しかし自治体で補助制度を利用するために融資の申請が通るまでに2ヶ月近くも時間がかかってしまいます。

飲食店開業の際にはスピード感を重視するという人もいるでしょう。その場合は公庫をお勧めします。
なぜなら飲食店は当たり前ですが開店しなければ利益は発生しません。
そのため開店が遅れたら遅れるほど利益の損失につながってしまうからです。

制度融資にすれば他の融資先よりも1ヶ月は時間が余計にかかってしまいます。
1ヶ月早く開店出来た方が、金利が多少高くても損をしないというケースもあるからです。

最新の情報を入手する

飲食店で開業する場合、同業者に開業した時のやり方を教えてもらうという人が少なくありません。
ビジネスマンではなく料理人ですから起業経験なんてないし分からないという人が多いからです。
確かにどうやって開業したかその苦労話などは参考になる事も多いでしょう。
しかしながら資金調達に関しては過去の経験は何も参考になりません。

なぜかというとどんどん制度は変わっていくからです。
5年前よりも今の方が新しくてもっと条件のいい融資先があるかもしれませんよね。
そのため融資先の情報に関しては新しい情報を入手した上でその融資先のメリット、デメリットを把握して決めるといいでしょう。
そういう事は苦手だという人は飲食店開業セミナーなどに参加してみるといいでしょう。
セミナーの講師に質問をしたり、もっと詳しく相談したい場合はどうすればいいのかその方法を教えてくれるはずです。

飲食店を開業となると料理人でも経営者です。経営に関する情報は積極的に収集しなければなりません。