管理業務に時間をとられて本業の時間が全くとれないなんて人も多いかもしれません。
そんな人にお勧めしたいのは管理業務を効率的に作業する事が可能な統合業務システムClearworksです。
Clearworksがどんなシステムなのか簡単に紹介したいと思います。

Clearworksの魅力は何か

Clearworksの魅力はなんと言っても今まで別々のソフトで処理していた会計、販売、給与の業務が全て管理する事が出来るという点にあります。
これらの業務を一元的に管理する事で効率的に作業する事が出来ます。
もちろん会計、販売、給与はそれぞれ別個に利用する事も可能です。必要に応じた時だけ組み合わせて使う事が可能ですし、1つ設定情報を登録すれば、設定情報は他でも共通して使う事が出来ます。

そしてClearworksはクラウド型の統合業務システムなのでインターネット接続環境が整っていれば、どこからでも利用する事が出来ますし、また複数で同時に使用する事が出来るため、入力作業を複数人で分担したり情報内容も共有する事が出来るとても便利なシステムなのです。
またクラウドなので、税理士に実際に来社してもらわなくても、ログインしてもらうことで離れた事務所から遠隔に伝票をチェックしてもらうなどの運用が可能です。

業務ソフトは法令の改定に対応するためにバージョンアップを定期的に行う必要があります。
そのバージョンアップを行う際にトラブルが発生してデータが消えてしまったり、システムが止まって使えなくなったりする事がありますが、Clearworksの場合は自動的にバージョンアップが行われるので常に新しいバージョンを利用出来て、バージョンアップに伴う不都合が一切ありません。

Clearworksは安全

よくクラウドを利用する際のデメリットとして、インターネットに接続しているために情報漏えいの可能性がゼロではない、セキュリティー対策が必要となると言われますよね。
Clearworksもクラウド対応だけど大丈夫?と心配になるかもしれません。
しかしClearworksのセキュリティーはデータセンターで何重にも保護されていてかなり高度なセキュリティー体制になっています。

そして間違ってデータを消してしまったという場合でもシステムは全て二重化されていて毎回バックアップされているので、データを取り戻す事が可能です。
つまりClearworksを利用するメリットはたくさんありますがデメリットはないという事です。