会計ソフトを利用したいけど、どの会計ソフトが使い勝手がいいんだろう?と思っている方へお勧めの会計ソフトの1つに弥生会計があります。
15年連続売上1位の実績と、会計ソフトのシェアの6割以上の弥生会計。
なぜこんなに弥生会計は支持されているのでしょうか?その人気の理由を紹介したいと思います。

人気の理由は使いやすいから。中小企業に圧倒的人気

弥生ソフトはサービス業、建設業、小売業、製造業・・・など業種問わず利用されています。
その理由は何といっても使いやすさにあります。
会計ソフトを使うのは会計士など会計の専門家ばかりではありません。
会計について何も知らない人が使う状況だってあるわけです。

弥生会計の場合は全く会計の知識のない人でも困らないようにとクイックナビゲータというサービスが用意されています。
このサービスを利用すると、アイコンで業務のやり方をサポートしてくれたり、会計で分からない事があっても入力補助機能などで手助けしてくれるのです。
つまり仕分けの知識などなくても仕分けをすることができるようになります。

そして初心者向けというわけではなく、会計士のシェアも圧倒的に弥生会計なため、会計士と企業との間でのやり取りも同じ会計ソフトを利用していれば、非常にスムーズになります。
弥生会計に強い税理士

サポート体制の充実

弥生会計のもう1つの魅力として、その使いやすさを後押しする徹底的なサポート体制があります。
例えばサポート体制があるとサービスを歌っているのにいつも電話がつながらない、肝心な時にサポートが受けられないなんて経験はありませんか?

弥生会計は300人のオペレーターが対応しているので、困った事が起きればすぐにサポートを受ける事が出来て待つことによる不快感を与えません。
実際のところ、PC自体の得手不得手もありますので初心者でも分かりやすいと聞いたから購入してみたけど操作が分からないというパターンもあるかもしれません。
その場合でも購入してから3ヶ月間は無料でサポートを受ける事が出来ます。また別途「あんしん保守サポート」に申し込むと半永久的にサポートを受けられます。

上記のように弥生会計が数ある会計ソフトの中で1番支持されているのは使いやすさとサポート体制にあり、どんな人でも使いこなせるように想定されています。
そのため会計ソフトに関する知識にそれほど自信がないという方には弥生会計は自信を持って推薦できます。

クラウドにも参入

中小企業向けの会計ソフトとして圧倒的なシェアをほこる弥生会計ですが、2015年7月にクラウド会計に参入してきました。
リアルタイムで業績を把握できるようになるなどオンラインならではの機能も使えるようになって、今後ますます弥生会計が注目されます。