実際に購入する企業が、本当に大丈夫なのかよく見極める必要があります。
実際に買収した後の見通しを、十分に把握しておいてください。
また統合コストについても事前にシミュレーションなどをよく行って、購入する企業を分析しておく必要があります。
このように、事前の心構えがとても大切になります。
会社を購入するとなると資金力のある大企業同士、また利益追求を行うファンド介入、さらに利益目的のブローカーなど、さまざまなイメージが浮かんできます。
しかし最近は、国内での中小企業同士でのM&Aは多くなっているのが現状です。
新規のビジネスモデルを擁立しているM&Aは、今後の動向が注目されます。
会社購入の目的も多種多様化してきていますが、会社を購入することで直接的な利益や顧客、また新しい技術の獲得といったさまざまな
メリットがでてきます。

会社を購入することによるメリット

企業のなかには会社を購入する予定のあるところも多くなっており、はじめから購入するつもりであればその企業の見方も変わってきます。
会社を購入することによって、つぎの3つのメリットがでてきます。

時間を購入する

自分の所有する会社で実際にお金をかけて顧客を獲得して、事業を起こすことはとても大変なことでもあります。
また準備のための時間もかかります。
このような立ち上げに必要となる時間を、お金で購入できるのです。

リスクを抑制できます

新規に事業を立ち上げるときは、その事業が実際に成功するかどうか誰にも分かりません。そこには当然リスクを含んでいます。
しかしM&Aであれば企業も軌道に乗っているので、将来の資産や収益性も予測できます。
そのため、事業でのリスクも軽減できるのです。

事業の効率化や拡大

自社の経営戦略にあったM&Aを実践することで、安全な事業拡大を行えます。
また買収企業で行っていた事業をクロスセルすることで売上も伸び、資産を共同利用することで事業の効率化も狙えます。

事業承継に関する無料相談をお受けいたします

0120-689-486
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
会社名(任意)
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村
番地(建物名等)
ご希望のご相談内容にチェックを入れて下さい。必須  

お急ぎ度  

ご相談内容詳細必須
this_page_title
this_page_url
referrer
  • お問い合わせには「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご相談内容によっては、お取り次ぎできない場合やご回答にお時間をいただく場合もございます。