損益の少ない事業は、常に安定した事業基盤を兼ね備えた事業になります。
安定した事業基盤があれば常に高い売上も可能であり、また今後のマーケットの維持も予測できます。
またライバル企業からの参入障壁も高く激しい競争力もあるため、安定した収益の確保も可能になります。
会社を売却するときは、そのような会社に仕上げておく必要があるのです。

安定企業として売却

買収する側も、収益の安定した企業に興味を示すやすくなっています。
会社を売却するのは、身内または第三者の場合もあります。
そして会社を渡すときに力を発揮してくれるのが、M&Aになります。
M&Aを活用するには、会社を売却するときまでに売れる会社にする必要があります。
安定企業としておくことで、より多くの投資家や企業に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

売れる条件について

売れる条件としては、次のようなことが重要です。
買収する側から見ると、対象企業の投資収益を把握します。
また顧客の数も多く(特定、不特定の属性問いません)持っており、さらに独自のネットワーク形成も必要です。
さらに買収側が提供している商品、またサービスに合致している顧客層であること。
買収側にない魅力的な取引先を変えていること。
買収側の取引先として、魅力的なサービスやテクニックがあること。

このような要素を持っている会社また事業であれば、買収側も買収対象の企業として選択できます。
買収する側から見てみると、そのような会社は投資的な損失リスクが存在していますが、将来的に投資収益を見込める可能性があると判断できます。
また売却する側も日頃から会社経営としっかりと向き合って、他の企業から信頼を得られるような行動を行う必要があります。
しかしこれらのすべての要素が必要というわけでもありません。
最終的には、経営者の人格評価になることもあります。
そのため会社売却を考えているのであれば、信頼できるオーナーになる努力をすることも大切です。
M&Aを活用するには会社の辞めどきを決定し、会社を売却するときまで自分の会社を売れる会社にしておく必要があります。

事業承継に関する無料相談をお受けいたします

0120-689-486
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
会社名(任意)
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村
番地(建物名等)
会社設立日必須

ご希望のご相談内容にチェックを入れて下さい。必須  

お急ぎ度  

ご相談内容詳細必須
this_page_title
this_page_url
referrer
  • お問い合わせには「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご相談内容によっては、お取り次ぎできない場合やご回答にお時間をいただく場合もございます。