会社を売却する前には、会社の身辺整理をする必要があります。
会社もしくは事業を売却する以上、できるだけ高く売るために、購入側からも魅力的に見えるようにしておく必要があります。
そうするためには、事前にさまざまな準備をしておく必要があります。

会社もしくは事業を売却する計画を立てておく

会社もしくは事業をいつ売却するのか、事前にだいたいのスケジュールを立てておいてください。
オーナー自身が売却する気持ちがつかず、そのまま時間か過ぎる場合が多くなっているからです。
売却するときには、ビジネスでの実力の証である内部環境のみならず、市場の勢いである外部環境も必要になります。
これらの要素を意識することなく、ただ時間が過ぎるのを回避してください。
それゆえ内部環境や外部環境をまとめておき、売却の予定の時期を設定しておいてください。

会社もしくは事業の業績調整を整えておく

会社もしくは事業の業績調整については、具体的に、「どの程度利益があるのか?」、また「どの程度純資産があるのか?」といった2つの視点になります。
そのなかにおいて「どの程度利益があるのか?」については、現段階の売上や利益のみならず、将来の展望も必要になります。
将来の成長性により、購入側の評価がまた変わってきます。
当然今後成長をしていくといった、業績の見込みがあるほうが評価も高くなってきます。
そのためには、実績管理のみならず、将来の売上や利益計画も準備しておいてください。

不透明な取引を回避する

会社あるいは事業の譲渡のときは、会社自体の不正取引がないことが大切です。
購入する側は、反社会的勢力の疑いのある企業との取引を避けたいと思っているからです。
そのため不透明の取引、また法律に違反するような取引が多ければ会社の売却は厳しくなります。
そういう不透明な取引は、早急に解決しておいてください。

売却条件に対しての優先順位の確定

売却条件に対しての優先順位を確定することも大切です。
会社や事業を売却するときに大切な条件はどういうことか、しっかりと優先順位をつけておいてください。

事業承継に関する無料相談をお受けいたします

0120-689-486
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
会社名(任意)
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村
番地(建物名等)
会社設立日必須

ご希望のご相談内容にチェックを入れて下さい。必須  

お急ぎ度  

ご相談内容詳細必須
this_page_title
this_page_url
referrer
  • お問い合わせには「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご相談内容によっては、お取り次ぎできない場合やご回答にお時間をいただく場合もございます。