企業の価値を高くするためには、ぜひとも押さえておくポイントがあります。
オーナー自身、自分の会社に対しての企業価値を把握しておく必要があります。
会社を売却する場合、買い手側から企業の評価を受けます。
そのために、オーナーとして企業の価値を高めるための方法を押さえておいてください。

企業の価値を決める要件について

企業の実際の価値を決める要素としては、次の4つがあります。
買い手側の意欲、将来成長ができる事業かどうか、企業の内部留保の厚さについて、企業の収益状況について。
実際買い手側が興味を強く抱いている(または買い手が多い)業界では、将来の成長が見込める事業であり、企業の収益も長年期待でき、さらに長期間内部留保が手厚く維持できる会社が、評価の高い企業になってきます。
企業の価値を決める4つの要素が分かれば、オーナーは企業の価値を高めるような施策を仕掛けることになります。
しかし実際のところ、このような4つの要素をすべて満たしている企業はあまりありません。
ベンチャー自体に、内部留保の手厚さを追い求めるのも無理もあります。
そのため実際は、「買い手側が興味を持てる業界であるか」「将来的に成長が可能なビジネスであるか」「黒字が見込まれるか」といったことが重要になってきます。
その大方の目安として、ベンチャー企業の場合は2つ以上の要素を持っていれば良い条件と判断できます。

自分の会社を評価してみる

自分の会社を、簡単に評価できる方法があります。
決算調書として提出している貸借対照表のなかの純資産と、営業利益の数値によって算出できます。

(純資産の金額)+(過去3年分の営業利益 × 調整係数)

このときの調整係数ですが、これは「将来的な成長が見込まれる」、もしく「価値のある資産がある」場合は1以上の数を入れてください。
またその他の場合は、1未満の数を入れて計算してみてください。これによって自分の会社の自己評価ができます。

事業承継に関する無料相談をお受けいたします

0120-689-486
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
会社名(任意)
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村
番地(建物名等)
ご希望のご相談内容にチェックを入れて下さい。必須  

お急ぎ度  

ご相談内容詳細必須
this_page_title
this_page_url
referrer
  • お問い合わせには「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご相談内容によっては、お取り次ぎできない場合やご回答にお時間をいただく場合もございます。