ふるさと納税という言葉をよく耳にすることがあります。
ふるさと納税はメリットも多く、節税効果も期待できる方法として人気もでています。

お得なふるさと納税について

ふるさと納税を行うことで、地元に社会貢献ができます。
またふるさと納税をする地域によっては、地方の特産品がもらえることもあります。
今回は個人や法人でも社会貢献できる、お得なふるさと納税について説明します。

ふるさと納税とは

ふるさと納税というのは、要するに過疎によって税収減に陥っている地方自治体に対しての「寄附金」になります。
この納税の正確名称は、「ふるさと寄附金」となっており、2008年に創設されました。
ふるさと納税には、さまざまなお得な制度があります。

1. 自治体より特産品がもらえます

ふるさと納税をすると、多くの場合、地方の特産物や記念品などがもらえます
中には高価な果物や海産物を贈呈する地域もあります。
その他にも宿泊券や施設の優待券など、さまざまな賞品を用意しているところがあります。
納税記念として、旅行で現地を訪問するのもいいのではないでしょうか。
ふるさと納税の記念品は一時所得に該当し、他の一時所得と合算して特別控除額である50万円をこえた場合に課税対象になります。

2. 地元以外の納税もできます

地元以外の納税が可能な自治体もたくさんあります。
多くの自治体に納税できますので、納税によってさまざまな特産品を入手できます。

3. 税金控除の適用があります

ふるさと納税をすれば、納税した税金が控除されます。
しかし税金控除の適用を受けるためには、確定申告が必要になります。

4. 使い道を指定できます

多くの自治体で、このふるさと納税によって納付をしたお金の使い道を選択することができます
ふるさと納税というのは、日本のなかで税金の使い道を指定ができる唯一の制度になります。

5. 法人も可能です

ふるさと納税は法人も可能ですので節税対策になります。
ふるさと納税で納めた額はその全額を損金算入できます。

関連記事:ふるさと納税


ふるさと納税は寄付する地域や使い道を指定できる自治体が多いです。そのため、例えば震災復興に寄付の使い道を指定することでCSRのアピール材料にもなります。節税のメリットの他にも使い方しだいで多くのメリットが享受できます。