助成金・補助金の活用

起業直後にまず多くの方が頭を悩ませるのが資金調達の問題です。
特に創業期においては仕入れ資金が必要になるなど自己資金を充てる場合でもいつか限界が来ます。
まずは金融機関からの借り入れや日本政策金融公庫の新創業融資などの融資を検討することになりますが、返済が必要になります。

そこで国などの公的機関から、一定の条件を満たした法人や個人に支給される返済不要の資金である「助成金」や経済産業省が所管する「補助金」という選択肢が上がってきます。
返済不要の補助金や助成金が採択・交付されれば本業のビジネスを拡大させるチャンスが広がります。

しかしいざ調べてみると非常にたくさんの種類の補助金や助成金があり、自分たちが活用できる制度はどれなのか、どのうように交付申請すればよいのか、誰が書類の作成をすればよいのかなど多くの疑問に直面します。

今回はその複雑な助成金の制度についての記事と助成金・補助金申請支援を得意とする税理士をご紹介させていただきます。

補助金・助成金申請に強い税理士の力を借りる

税理士など補助金・助成金申請の専門家は多数の実績を持っており、また申請に必要な金融機関との連携も鮮やかです。
申請には期限がありますので、自分だけで解決しようとするとどうにも本業に支障をきたしてしまいますが、税理士がいれば経営者の負担を減らして本業に注力できるように配慮しながら補助金や助成金の交付が受けられるようにサポートしてくれます。

特に補助金の場合は公募制が多く、審査がありますので、条件を満たせば誰でも貰えるものではありません。
そのためどうしても専門家のアドバイスが必要になってきます。

上手く税理士の力を借りて効率的に助成金・補助金を活用しましょう。

助成金・補助金申請支援に関する記事