M&Aとは

企業の合併や買収のことをM&Aといいます。
選択と集中による経営資源の有効活用のため、積極的なM&Aの活用は経営戦略の有効な選択肢の一つとなっています。
具体的な利用されるケースとしては事業統合や新規に市場へ参入する場合などのほか、経営不振の企業を救済する場合などもあります。
いずれの局面においても、利益面だけではなく財務の観点、税務面、法務面など多角的な視点で検討する必要があるため、各分野の知識をしっかり持つことが重要になります。
税理士の中にも各専門分野にネットワークを持つ、M&Aのエキスパートがいますので今回の特集でご紹介させていただきます。

友好的な関係を保つことがM&A成功の鍵

M&Aでは売却側と買収側がお互いに理解を持って友好的な関係を保つことが重要です。
お互いの条件をしっかりと把握した上でパートナーを探します。
そのため、専門家に間に入ってもらうことはとても有益です。
M&Aを得意分野とする税理士なら経営不振の企業を売却する場合でも財務状態を改善した上でパートナーの紹介をしてくれることもあります。
失敗が許されないM&A。経験豊富な専門家を上手に活用しましょう。

事業承継に関する無料相談をお受けいたします

0120-689-486
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
会社名(任意)
郵便番号(任意)
都道府県必須

市区郡町村
番地(建物名等)
ご希望のご相談内容にチェックを入れて下さい。必須  

お急ぎ度  

ご相談内容詳細必須
this_page_title
this_page_url
referrer
  • お問い合わせには「プライバシーポリシー」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • ご相談内容によっては、お取り次ぎできない場合やご回答にお時間をいただく場合もございます。

M&A(事業承継)に関する記事