国際税務とは?

企業が国境を超えて取引を行う国際取引では、そこで発生した利益に対して日本で課税されるのか、相手国で課税されるのか、または両方の国で二重に課税されてしまうのかなどの税務に関する疑問が生じます。
このような海外を取引相手としたときに発生する税務問題を考えるのが「国際税務」です。
例えば国際取引をした双方の国で課税されてしまう「二重課税」の問題。
せっかく国際取引で利益を得ても、何も知らずに二重に課税されてしまえば損をしてしまいます。
これをどうやって避けるか、または二重課税されてしまった場合どう対応するべきなのかなどの対策をとる必要があります。

思わぬ税務トラブルにあわないために

国際税務は日本国内の税務に比べても非常に煩雑です。
これらについて深く理解していかに節税に結びつけるかがグローバル戦略を練る上で重要になります。
近年では国外を利用して租税を回避しようとする企業が増えたため、取り締まりの規定もだいぶ厳しくなりました。
予期せぬ追徴課税をうけないためにも、海外進出を考える場合は国際税務に関する知識をしっかり把握しましょう。

国際税務に関する記事